相続登記をするメリット・デメリット

 近時,相続した不動産について相続登記がされていないケースが数多く存在していることが,東日本大震災からの復興に関連して報道されるなど,相続登記が社会的な関心を集めていることを御存知でしょうか?

 相続登記が放置されているため,所有者の把握が困難となり,まちづくりのための公共事業が進まないなどのいわゆる所有者不明土地問題が顕在化しており,また,相続登記の未了は,適切な管理がされていない空き家が増加している大きな要因の一つであるとの指摘もされています。

すぐに相続登記をした場合のメリット

 不動産についての権利関係が明確になり,相続した不動産を売却しようとしたときに,すぐに売却の手続をすることができますし,担保に入れて住宅ローンを組むことができます。

相続登記をしないで放っておくデメリット

当事者に所在不明の方などがいる場合,すぐに登記を含めた相続の手続をすることができず,相続分を確定することが困難となります。

さらに,相続が2回以上重なると,誰が相続人となるのか,その調査だけで相当の時間が掛かり,相続登記の手続費用や手数料も高額となってしまいます。

相続の手続に時間が掛かると,相続した不動産を売りたいと思ったときに,すぐに売ることができなくなるなど,思わぬ不利益を受けることがあります。

———

■ 測量・登記・官公署許認可手続等、お気軽にご相談ください ■

土地家屋調査士・行政書士 花田事務所
代 表  花 田 淳 司

名古屋市近郊、長久手市はもちろんのこと、愛知県内全域、岐阜、三重も対応。その他の県もご相談賜ります。

○ 尾張地方(名古屋)
名古屋市北区、名古屋市東区、名古屋市西区、名古屋市南区、名古屋市名東区、名古屋市中区、名古屋市中村区、名古屋市千種区、名古屋市熱田区、名古屋市昭和区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、名古屋市守山区、名古屋市港区、名古屋市中川区、名古屋市緑区

○ 尾張地方(尾張)
一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町

○ 尾張地方(海部)
津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村

○ 尾張地方(知多)
半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

○ 三河地方(西三河)
岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町

○ 三河地方(東三河)
豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

○ その他
三重県全域・岐阜県全域

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です